更年期サプリ エストロゲン

MENU

更年期サプリでエストロゲンを増やそう!

女性にとって悩ましい症状に更年期障害があります。40代後半から50代にさしかかると、閉経のタイミングに合わせてホルモンバランスが乱れやすくなります。身体がほてったり、イライラするといった症状に悩まされる方も少なくありません。

 

そんな更年期障害を抑えるカギとなるのが、女性ホルモンであるエストロゲンです。ここでは更年期障害と関わりのあるエストロゲンに着目し、エストロゲンの分泌に役立つサプリメント成分についてご紹介していきます。

 

更年期障害とは

自律神経失調症も症状の一つ

更年期障害は心身において様々な症状を引き起こします。更年期と呼ばれる時期は閉経する時期から考えると、大体45?55歳とされています。女性の卵巣の機能が低下することにより、ホルモンバランスの乱れが生じ、症状が表れます。もちろん個人差もあるので日常生活に支障が出る人も出ない人もいます。この際、ホルモンバランスと自律神経は密接に関係しているため、自律神経失調症と併発してしまう場合もあります。

 

自律神経失調症は、人が行動する上で欠かせない交感神経と、休むために必要な副交感神経のバランスが乱れることで起こります。身体自身に異常がなくても、動悸や息切れ、息苦しさといった症状を引き起こします。

 

気になる症状とは

更年期障害の中で、最も有名な症状の1つに「ホットフラッシュ」があります。これは自律神経の乱れが原因で、血管の収縮や拡張がうまく行うことができず身体がほてったり、のぼせてしまうことを指します。血管の拡張収縮の影響はめまいや立ちくらみにもつながります。また自律神経の乱れにより不眠の症状を訴える方も少なくありません。他に息苦しさや動悸、頭痛や肩こりといった症状もよく報告されています。

 

エストロゲンの効果

エストロゲンの働き

そもそもエストロゲンにはどのような働きがあるのでしょうか。エストロゲンは卵巣から分泌されている女性ホルモンの1つです。脳の視床下部からの指令により分泌された別のホルモンによって、卵巣が反応し、卵巣中の卵胞が生育します。エストロゲンはこの生育した卵胞から分泌されます。

 

受精卵の着床をサポートするために、子宮内膜を厚くする働きがあります。また卵胞の生育自体にも関わっています。女性らしい身体つきをつくりあげているのもエストロゲンの働きです。基礎体温を下げたり、肌に関わる働きや骨を丈夫にする働きもあります。

 

ホルモン補充療法

更年期障害と診断された場合には、このエストロゲンを補充するホルモン補充療法と呼ばれる治療を受けることがあります。その名の通り、減少してしまったホルモンを補充することでホルモンバランスを整える治療法です。健康保険が適用される治療法であり、飲み薬や貼り薬、塗り薬があります。この治療法は、他に漢方薬や風邪薬、頭痛薬など様々な薬との併用ができるため、更年期障害の他に持病があったとしても安心して治療を受けることができます。

 

ただし婦人科系の乳がんや子宮がんを経験した方や、脳卒中、心筋梗塞を起こしたことのある方は治療を行うことができません。この症状で医療機関にかかる際、過去罹ったことのある病気については、必ず医師から質問される内容だと思いますから、治療についてしっかりと医師に相談するようにしてください。

 

エストロゲン分泌に効果的な成分

マカ

更年期障害に効くサプリメントは世の中に沢山存在しています。中でも効果的だと言われている成分について見ていきましょう。まずはマカです。マカは南米原産の植物で、3000年以上前から利用されてきたものです。滋養強壮薬として有名で、マカと聞くと男性が精力剤として使うものとしての印象が強いかもしれません。しかし、女性にとってもありがたい効能がたくさん詰まっています。

 

主成分は炭水化物とたんぱく質です。特に含まれている良質なアミノ酸、ミネラルがエストロゲンによく似た作用をもつと言われ、更年期の女性のホルモンバランスの乱れによく効くと言われています。もちろん滋養強壮面で有名なアミノ酸の1種「アルギニン」も、更年期障害の症状によって疲れてしまった体を元気にしてくれる成分ですから、役立つことに違いありません。血行促進効果や肌への効果も期待できますから、女性にとって嬉しい面が多いことが分かります。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンエストロゲンに似た働きをします。そのため、更年期に入りエストロゲンの分泌が減少しても、その働きを補ってくれるので症状が緩和されるというわけです。大豆製品が女性に嬉しいと聞く理由はここにあります。

 

後述しますが、サプリメントを摂取して補うだけでなく、気軽に食生活に摂り入れることができる食材かと思いますので、薬に頼らず徐々に心身を整えていきたい場合には積極的に食材にとりいれましょう。もちろん食べ過ぎには注意してくださいね。適量は納豆なら1パック、豆腐なら半丁です。

 

プラセンタ

プラセンタとは「胎盤」のことです。サプリメントとして販売される胎盤は馬やブタ由来のものですが、ヒトが摂り入れても問題はありません。プラセンタに含まれる細胞の修復や再生に役立つ成長因子によって、エストロゲンの分泌を促す効果があります。

 

プラセンタに関しては、医療用医薬品として認められている「メルスモン」と呼ばれる注射剤が、更年期障害の治療薬として厚生労働省から認可されていますから、効果への安心感が断然違いますよね。先述した2つの成分とは違い、エストロゲンの分泌そのものに関与しています。

 

日常生活で改善する方法

食生活

先にも紹介した大豆イソフラボンを積極的に食生活に取り入れてみましょう。ホルモンバランスを整えるだけでなく、気になるコレステロール値を抑える働きもあります。ただ、そればかりを摂ってしまってはかえってバランスが悪くなります。栄養バランスをしっかりと意識したご飯を食べるようにしましょう

 

家事に仕事に大忙しかと思いますから、毎日三食一汁三菜とは言いません。おすすめは食生活を1週間で考えることです。「食べ過ぎてしまった翌日は、具沢山のお味噌汁とご飯だけにする」など厳密に食生活を決めるのではなく、あくまでおおらかに栄養バランスを考えることが食生活を整えるコツです。

 

睡眠

自律神経の乱れにもつながる更年期障害には、不眠という症状があります。出来る限り、質の良い睡眠をとるための生活習慣を心がけましょう。例えば単純なことですが、毎朝朝日を浴びる癖をつけましょう。睡眠に携わるホルモンである「メラトニン」が朝日によって分泌され、体内時計が整います。体内時計を整えることができれば、自然と夜には眠くなってきますよ。

 

また現代社会とは切っても切れない存在であるパソコンやスマホ、テレビは寝る2時間前には手放しておきたいところです。体に寝る時間だと思い込ませることも良い睡眠をとるためのコツです。

 

ストレス解消

ホルモンバランスも自律神経の乱れにも関与するのがストレスです。ストレスが蓄積しすぎると、身体にも支障をきたします。ストレスの原因を根本的に解決できることが一番ですが、簡単にはいきませんよね。そこで自分なりの方法で構わないので、ストレス解消法を見つけましょう。例えば読書や散歩、趣味のスポーツなどはいかがでしょうか。ただし、暴飲暴食や過度な飲酒、喫煙は避けましょう

 

まとめ

 

更年期障害は閉経時のエストロゲンの減少が原因で起きます。そのため分泌促進に効果的なマカや大豆イソフラボン、プラセンタなどの成分を活用して、つらい症状を乗り越えていくことをおすすめします。自分に合ったサプリメントを見つけて、徐々に症状を緩和していきましょう。

 

人気の更年期サプリランキングはこちら

更年期サプリランキングへ