MENU

更年期障害は何歳から始まるのか?30代からでも始まる人がいる!?

女性が年齢を重ねていき、ある一定の年齢になると今まで経験したことのない身体の不調や精神的な不調を伴いことがあります。「もう年も年だから、何かおかしな病気じゃないかしら?」なんて思う方もいるかもしれませんが、それはあなたが更年期を迎えた事が原因なのかもしれません。

 

 

 

女性のライフサイクルには5つのサイクルがあり、それぞれ小児期・思春期・成熟期・更年期・老年期に分かれています。更年期とは、女性のライフサイクルの一つの呼び方です。更年期を迎えると、今まで感じる事のなかった身体の変化を感じる方が多くなるでしょう。

 

 

 

例えば「肌質や髪質が変わってきた」「昨日の疲れが抜けにくい」「イライラする」「集中力が上がらない」このような変化は、更年期特有の体の変化ともいえるでしょう。こういった更年期に訪れる身体への負担を一般的に「更年期障害」というわけですが、更年期障害は何歳から始まり、どういった症状があらわれるのでしょうか?具体的にご紹介していきます。

 

 

更年期の時期・年齢

 

更年期の時期を考えるうえで「閉経年齢」がポイントとなります。閉経年齢は人によって違ってくるものの、平均的には50歳前後です。閉経年齢の前後10年間を更年期というので、一般的に45歳から55歳くらいまでが更年期を迎える時期となります。

 

 

 

この更年期の時期には、女性ホルモンがが大きく変化をしたり、バランスを崩したりするので様々な症状が見られるようになります。それを更年期障害といい、悩まされている女性が多くいます。最近では、「若年性更年期障害」といわれる、30代くらいで更年期症状が出てくることが増えているようです。

 

 

更年期障害が起こる原因

 

更年期障害は、自律神経失調症の一つで女性ホルモンのバランスを崩すことでおきる身体的な不調のことをいいます。女性ホルモンは、女性の身体を形成していく上で非常に重要なものとなり、思春期あたりから分泌量が増えていきます。女性の身体の機能を正常に保つために、女性ホルモンの役割が非常に大切で分泌がうまく行われない、生理時期になると精神的に不安定になったり、なんらかの身体的負担がある女性も多いはずです。

 

 

 

こういった、女性の身体には必要不可欠な女性ホルモンですが、40代後半あたりから分泌される量が大きく減少していきます。そうなることで、今までは正常であった自律神経に負担がおこり、今まで感じた事もない身体の変化がおこるわけです。更年期障害により身体的、精神的な負担は個人に大小あります。更年期障害に大きく悩まされる人もいれば、そこまで悩まされない人もいます。

 

 

 

女性ホルモンの乱れだけではなく、それ以外に普段の生活や職場などで精神的なストレスを抱えている、また生活のリズムが崩れているといったことが更年期に加わると、更年期障害が通常よりもひどくなってしまう場合もあります。若年性更年期障害の原因としては、若い頃にしていた不規則な生活、暴飲暴食、無理して行っていたダイエットなどによって女性ホルモンが大きく乱れていることが原因と考えられます。

 

 

 

更年期を迎えるのは、女性であれば自然な現象です。大切なのは、それまでの時期にしっかりと生活習慣の見直しや自律神経を働きを穏やかにしたりと、自身の身体のケアを慎重に行なうです。そうすることによって、更年期や更年期障害を安心して過ごせるようにしましょう。

 

 

更年期障害の症状

 

更年期障害の症状は個人差があり、そこまで気にならない人もいれば生活に大きな支障をきたす人もいます。では、具体的にどのような症状がおきるのかをお伝えしていきます。

身体のほてり

更年期障害の代表的な症状といえば、身体のほてりがあげられます。寒い場所にいるのに、急に首から上が熱くなり、汗が大量に出てくるような症状です。こういった症状が起これば驚いてしまいますが、これは典型的な更年期障害の症状です。女性ホルモンのエストロゲンが減少する事によって、自律神経が上手に機能されなくなってしまいます。そうなることにより、発汗作用もうまくコントロールされなくなるので、このような症状が出てくるわけです。

動悸や胸の痛み

プロゲステロンといわれる黄体ホルモンの影響で、胸の痛みの症状が出る場合もあります。こういった症状は高温期といわれる排卵から生理までの期間にプロゲステロンの分泌が多い人によくあらわれる症状となっています。動悸に関しては、身体のほてりと同様にエストロゲンの減少により自律神経が正しく作用されなくなりおこってしまう症状となります。

めまいや耳鳴り

更年期にめまいや耳鳴りの症状に悩まされている人も多いでしょう。周りがぐるぐる回っているような気がする、ふわふわして気が遠くなる感覚がある、こういっためまいの症状が出る事があります。めまいや耳鳴りは、三半規管のバランスが崩れると起こる症状で、女性ホルモンの乱れによってこういった脳の視床下部の仕組みが崩れてしまうのが原因となります。

疲れやすい

更年期の女性ホルモンの減少により、疲れやすくなってしまうのも更年期障害の症状といえます。原因としては脳の視床下部の乱れと、それによって他の症状がおこり眠りが浅くなってしまうことが原因でしょう。脳の視床下部は、自律神経などの働きをコントロールする大切な部位になります。ホルモンの減少によって視床下部に大きく負担がかかってしまうので、疲れやすくなってしまいます。また、他の更年期障害の症状で、寝付けない事が多くなり、身体の疲れがとれないのも疲れやすい原因となります。

更年期障害の負担を軽くする

 

更年期は女性であれば誰にでも訪れる期間です。更年期がくれば更年期障害で辛い思いをするというのをあらかじめわかっておけば、それなりに心の準備もできることでしょう。しかし、できることであれば、そういった更年期障害の負担を少しでも軽くしたいと思うのが本音だと思います。

食生活の見直し

女性ホルモンは亜鉛が不足すると、働きが悪くなるといわれています。亜鉛には免疫力を高めたり、新陳代謝を良くする働きがあります。一般的な食生活をしていれば、亜鉛の不足に悩まされることはありません。しかし、無理なダイエットや、偏った食生活を続けていくと亜鉛が不足してしまう場合があります。このように、亜鉛を始めビタミンやミネラルなどが十分に取れる、バランスの良い食生活をしていくことが大切です。

軽い運動

軽めの運動は更年期障害を症状を改善できる期待がもてるようです。特にウォーキングや、現在女性に人気の高いヨガなどが最も効果が期待できます。

呼吸法や音楽


呼吸法を整えることによって、顔のほてりなどの症状を減らせる効果があるようです。また音楽を聴くということで、症状を抑える事ができるという事例もあるようです。このように、自分に合うようなリラックス方法を試してみるのも更年期障害には良い取り組みともいえます。

 

 

まとめ

 

更年期を迎える時期、更年期障害の症状が出てくる時期など平均的な年齢はあるものの、個人によっても変わってきます。また、更年期障害の症状を感じない人や大きく支障をしたしてしまう人など、これらも人によって変わってくることでしょう。最近では、それぞろの生活スタイルがあり、それは多種多様です。

 

 

 

女性の社会進出も普通になってきた時代で、バリバリ働いている女性と専業主婦の女性であれば、ストレスの受け方なども大きく違いますし、食生活も大きく変わってくることでしょう。そういったことをふまえれば、それぞれ更年期の迎え方や、症状が違ってくるのも納得ができることです。

 

 

 

何にせよ、誰にも更年期の時期はやってきます。その時期を見据えて、今から自身の生活スタイルや食生活を見直してみませんか?

更年期サプリランキングへ