MENU

なぜホルモンバランスが崩れるのか

日々の生活において、日本の女性のホルモンバランスが乱れてしまう要因はいくつも考えられます。自分では気付かないうちにホルモンバランスが崩れてしまっている場合すらあるくらいです。女性の社会進出や、家庭での家事や育児など毎日を忙しく生きている方は多いでしょう。

 

 

 

ホルモンバランスを崩せば、身体に悪い影響を与え、時には重い病気の原因になることも考えられます。今回は、女性のホルモンバランスが崩れてしまう原因と、それを整える方法をご紹介していきます。

 

 

女性ホルモンが乱れるとどうなるのか?

 

女性ホルモンは女性として必要な身体を形成する為にも必要不可欠なものになります。健康や美容などをコントロールする女性ホルモンですが、バランスを崩してしまうと身体に大きな負担を与えることになってしまいます。では、どういった影響を身体に与えるのかを見ていきましょう。

生理不順や生理痛

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が少ないと生理不順を引き起こす場合があります。頻発月経や過長月経・過多月経などはホルモンバランスが崩れると生じやすいといわれています。

 

 

 

ホルモンバランスが崩れると、プロスタグランジルというホルモンが必要以上に分泌され、強い生理痛も引き起こしてしまいます。

更年期障害

更年期の女性は女性ホルモンが自然に減少しやすい身体になります。そうなることでホルモンバランスが崩れ、更年期障害といわれる多汗、耳鳴り、動悸などの身体的な負担に加え、精神的な負担を併発してしまうことがあります。

 

 

 

症状は軽いものから大きいものまで様々で、ひどい場合には病院に通院しなければ普通の生活もままならないという方もいるくらいです。

自律神経失調症

自律神経失調症の主な症状は、倦怠感やめまい、ふらつきに加え息切れや動機など生活に支障をきたす症状ばかりです。こうなってしまう原因として、ホルモンバランスをコントロールする部位と自律神経をコントロールする部位が近いところにあるため、ホルモンバランスが崩れると、同時に自律神経にも負担が大きくかかってしまうことが原因です。

 

 

 

自律神経が不調な場合は、逆にそれが影響してホルモンバランスを崩してしまうこともあります。

女性ホルモンが乱れてしまう原因と整える方法

 

では、なぜ女性ホルモンは乱れてしまうのでしょうか?女性がホルモンバランスを崩しやすいことは知っているが、その原因まで理解している方は少ないはずです。

 

 

 

しっかりと原因を理解し、整える方法も把握しておきましょう。今現在の自分の生活スタイルと見比べながらチェックしていくようにして下さい。

睡眠不足

ホルモンが多く分泌される時間帯は睡眠中です。睡眠時間をしっかりと確保できなければ適切なホルモンの分泌がされなく、バランスを崩してしまう事が多くあります。こういったことから、睡眠不足は極力減らし、適切な睡眠時間を確保できるようにしましょう。

 

 

 

特に始めの3時間はホルモン分泌がしやすいといわれています。理想の睡眠時間は8時間ですが、そんなに多くの睡眠時間を取れないのであれば、3時間の睡眠の質を高めることを意識するようにして下さい。

ストレス

精神的な負担を抱え、ストレスを溜めてしまう事でもホルモンバランスを崩してしまいます。体内でのホルモンの分泌は、脳の指令によって行われています。ストレスは、脳に大きな負担を与えてしまうので、ストレスを溜めるとホルモン分泌の指令がうまく行き渡らないのがホルモンバランスを崩す原因となります。

 

 

 

ストレスを溜めない生活を心掛けるようにしましょう。しかし、そうはいってもストレスは知らず知らずのうちに溜まっていくものです。ストレスを溜めないように生活しようとして、逆にそれが負担になってしまいストレスを溜めてしまうという悪循環に陥ってしまうことも考えられます。

 

 

 

溜めないことよりも、どのようにすればうまく発散できるかを考え、リラックスできる環境で生活すると良いですね。

食生活

乱れた食生活や、暴飲暴食、栄養が偏っている食事を続けていくとホルモンバランスは崩れてしまいます。

 

 

 

食生活もしっかりと栄養にこだわるようにしたいところです。大豆イソフラボンやビタミンB6、ビタミンEは女性ホルモンの分泌を促す働きが期待でき、カルシウムは自律神経の働きを活性化させる効果に期待ができます。こういった、食べ物を普段の生活で積極的に取り入れるようにしましょう。

運動不足

運動不足は自律神経の働きが鈍ってしまい、ホルモンバランスを乱す原因となることでしょう。ですので、適度な運動というのは、自律神経を活性化させるためには良い方法といえます。軽いウォーキングやストレッチなど、自分が無理をしない程度で習慣づける事ができれば効果を期待できます。

女性ホルモンを整える食べ物

 

食生活を安定させ、良い食事をとることにより女性ホルモンは整いやすいです。良い食事というのは、女性ホルモンに対して良い影響を与える食事のことです。健康に良さそうだからといって、色々な栄養素を取るだけでは女性ホルモンを整える事はできないでしょう。

 

 

 

また、逆にどういった食事を続けると女性ホルモンのバランスを乱しやすくなるのでしょうか?食生活というのは、女性ホルモンに大きな影響を与えます。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンと化学構造が非常によく似ており、摂取すると体内で同じような働きをします。ですので、大豆イソフラボンを摂取すると、女性ホルモンを整える効果が期待できるんです。大豆イソフラボンを含む食物は豆腐や納豆が挙げられます。他にも、サプリメントで摂取する方法もあります。

ビタミンB6

ビタミンB6は女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できるのは、有名な話しです。エストロゲンの代謝を促進してくれるので、積極的に摂取した方が良いでしょう。マグロやカツオの魚類に多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEには、ホルモンの分泌をコントロールする脳下垂体や卵巣に刺激を与えることができます。ビタミンEには、活性酸素を活発化させる期待もできるので、ホルモンバランスを整えるのには、必要な栄養素といえるでしょう。かぼちゃには多くのビタミンEが含まれています。

アボカド

ビタミンEを多く含んでいる食物で、エストロゲンの分泌を高める効果にも期待ができます。美容効果やダイエット効果にも期待できるので、好んで食事に取り入れている女性は多い事でしょう。

女性ホルモンが乱れる食べ物

女性ホルモンを乱してしまう食べ物も把握しておくようにしましょう。肉類を頻繁に食べているとタンパク質の不足によって、女性ホルモンをコントロールしずらくなります。またインスタント食品なども、化学調味料を多く含んでいるので、体にあるミネラルを奪ってしまいます。そうすることで、自律神経に支障をきたして、ホルモンバランスが乱れてしまうんです。

まとめ

 

いかがでしたか?女性はなぜホルモンバランスを崩してしまうのか?また、その崩れてしまったホルモンバランスを整える方法を紹介させていただきました。今回お伝えした以外にも、喫煙などもホルモンバランスを崩す大きな原因ともなります。

 

 

 

こういったことに注意していたとしても、女性は年齢を重ねると、更年期とよばれる自然にホルモン減少が進行してしまう時期もやってきます。まだ更年期を迎えてはいないが、このままの生活だと更年期が心配だと考える人もいることでしょう。

 

 

 

そういった時期がきてから焦るのではなく、今からできることはしておいた方が今後のためになります。今一度自身の生活スタイルや生活リズムを見直して、改善できる部分は改善していくのが良いのではないかと感じます。

更年期サプリランキングへ