更年期障害 対策

MENU

更年期障害の対策について

20代の方、そして30代の方、更年期障害対策してますか?

 

 

 

え? 「私はまだまだ若いから、更年期の対策なんてしなくても大丈夫」ですって? それはダメ。そうした油断が一番ダメなんです。更年期障害はあくまでも40代50代の更年期を迎えた方が発症しやすいということであって、若い方は無縁というわけではないのです。もし対策を怠れば、いくら今は元気でも、突然嫌な症状の数々に苦しめられてしまう恐れがあります。

 

 

 

だから、今のうちからしっかり対策しておきましょう。なってしまってから嘆いても遅いですよ。

 

 

こんな人が更年期障害になりやすい

更年期障害というのは、実はなりやすい人がいるのです。これ、ご存じでしたか? 特定の条件を満たしている人は、もうすぐそこにまで更年期障害の魔の手が迫っているかもしれません。この項目で事例をいくつか紹介しますので、ご自身に当てはまっているかどうかチェックしてみましょう。

 

 

仕事一途な人

 

取り組むべき仕事に対してまじめなのは、非常によいことです。しかし、度をすぎてしまってはいけません。仕事に熱中しすぎるあまり、食事をしっかり摂らなかったり寝る時間を削ったりなどしていると、更年期障害をはじめとする病気のリスクが一気に高まってしまいます。

 

 

 

更年期障害になって体調を崩してしまえば、仕事に対して全力を出せなくなります。そうなる前に、対策をしっかりしておきましょう。

 

 

 

お酒やタバコが大好きな人

 

イライラやストレスを抱えやすい社会人にとって、お酒やタバコは必需品であると唱える人がいます。確かにそれらはリラックスのために活用できる場面もありますが、基本カラダにあまりよくないものです。

 

 

 

お酒やタバコを摂取しすぎると、肝臓に負担をかけたり、血管の流れを悪くしてしまいます。そして、そうしたよくない体内環境が、更年期障害の温床となってしまうのです。

 

 

 

更年期障害になってしまえば、お酒もタバコも楽しめなくなってしまいます。だから、事前の防止策はしっかりと。

 

 

 

野菜嫌いな人

 

食事に偏りがある人は、そのカラダのバランスもいびつなものとなってしまいます。特にまずいのは、野菜を嫌う人。豊富な栄養が含まれている野菜を摂取することな日々の生活を送るということは、ガソリンなしで車を走らせるに等しい行為です。更に、野菜を食べない分たくさんのお肉を食べるので、血液はどんどんドロドロになって流れが悪くなります。

 

 

 

偏った食事によって生まれたいびつな体内環境は、やがて更年期障害を引き起こすでしょう。そのときになって嘆くよりは、事前に対策をしっかり立てておいた方がいいですね。

 

 

 

更年期障害、対策しないとどうなる?

この記事を読んでいる若い読者の中には「更年期障害なんて、大したことないでしょ?」とお考えになられている方もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。

 

 

 

更年期障害というのは、いわば小さな症状のミックス。ひとつひとつの悪影響は小さくとも、それが積もりに積もれば大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

 

 

更年期障害対策の放置がどのような結果を引き起こすのか、ご覧ください。

 

 

 

健康状態の悪化

 

更年期障害は、慢性的な体調の不良を引き起こします。特になにもしていないのに大きな疲労感を覚えるだけでなく、めまいや頭痛、吐き気や肩こりなど、カラダの全体にネガティブな効果が現れてしまうのです。

 

 

 

その状態は、外せない重い荷物を抱えているかのよう。非常につらく、そしてとてつもなく不快に思えるでしょう。

 

 

 

周囲との関係破綻

 

そうした体調の不良は、精神的にもよくない影響を及ぼします。なにごとに対してもやる気を出すことができなくなったり、あるいは些細なことでイライラしてしまったり。そうした状態では、仕事や人付き合いを円滑に進めることが難しくなってしまいます。

 

 

 

八つ当たりをしてしまったり、頼まれごとをうまくできないせいで、周囲との関係が保てなくなってしまう恐れも十分に考えられるでしょう。

 

 

 

収入源を失うことも

 

慢性的な体調不良を抱え、精神的な倦怠感やイライラに悩まされた状態が続くと、やがてうつになってしまうこともあります。そうなると、人間関係や仕事付き合いをこなすことが更に困難なものとなってしまうでしょう。

 

 

 

会社に行くどころか、カラダをベッドから起こすことすら億劫という、とてつもなくつらく苦しい状況。最悪の場合、収入源が絶たれてしまう可能性だってあるのです。

 

 

 

更年期障害は、こうした恐ろしい事態を引き起こしてしまう可能性もあること、覚えておいてください。

 

 

 

更年期障害の対策はサプリがおすすめ

そんな恐ろしい更年期障害ですが、幸いなことにさまざまな対策法が用意されています。特にこの記事でオススメしたいのが、サプリメントによって特定の成分を定期的に摂取する方法です。

 

 

 

この成分が入ったサプリを買え

 

サプリメントを選ぶにあたって、どのような成分が含まれたものを購入すればよいのでしょうか。

 

 

 

もっともお手軽で摂取しやすいのは、各種ビタミンが含まれているサプリメントです。更年期障害は栄養バランスの乱れがきっかけとなって発生することも多いので、これを補いさえすれば発症リスクを和らげることができます。

 

 

 

また、亜鉛が含まれたものもオススメです。栄養不足や運動不足によって錆び付いてしまったカラダをしっかり調整し直し、代謝を高めてくれる働きが期待できます。

 

 

 

サプリはこんなに便利

 

なぜサプリメントの摂取が対策として優れているのかといいますと、非常に便利であるからです。

 

 

 

まず、サイズが小さいので、勤め先や旅行先など、さまざまな場所に携帯していくことができます。よって、外出のため飲み逃してしまうといったことがありません。

 

 

 

また、それを飲むにあたって必要なものは、水か白湯だけ。それさえあれば、どこへ行っても服用することができます。水もお湯もないという状況はまず考えられませんので、実質どこでも使うことができるのです。

 

 

 

どこで買えるの?

 

今やサプリメントはさまざまな場所で購入することができます。ドラッグストアや薬局といった専門店だけでなく、コンビニやスーパーなどでも買えてしまうのです

 

 

 

「用事のついでにちょっとコンビニに立ち寄って」といったこともできてしまいますね。

 

 

その他、更年期障害対策

更年期障害を防ぐには、サプリメントを服用する以外にもさまざまな方法が考えられます。これらを試してみることで、健やかな暮らしができるでしょう。

 

 

 

ウォーキングとスクワットの日課づけ

 

更年期障害を防ぐための手段は、やはり日頃からカラダのめぐりをよくしておくこと。定期的な運動によって、常にカラダを動かしておくのがベストです。

 

 

 

オススメは、ウォーキングとスクワット。これらの運動法であれば特別な道具も必要なく、日常生活の中にも組み込みやすいです。

 

 

 

禁酒禁煙

 

お酒やタバコは、更年期障害を誘発する大きな要因となってしまいます。好きな方には申し訳ありませんが、これらを止めなければならない状況も十分想定できるでしょう。

 

 

 

一人で止めるのがつらいという方は、禁煙外来などのクリニックや自助会を利用するという手もあります。健康のため、がんばりましょう。

 

 

 

野菜中心の食生活

 

更年期障害を誘発する最悪の環境は、肉類ばかりの食生活です。偏った栄養状態は、更年期障害に自分からなりにいっているようなもの、決してよいとはいえません。

 

 

 

ですので、肉ばかり食べるのは止めて、野菜ばかりの食生活に切り替えるようにしましょう。必要なのは、脂身よりもビタミンです。

 

 

 

まとめ〜更年期障害は怖い!必ず対策を〜

以上更年期障害の対策について説明致しました。更年期障害というのは想像以上につらく、厄介なもの。なってしまってから嘆くよりも、ならないために今のうちからしっかりと対策を立てておきましょう

 

 

人気の更年期サプリランキングはこちら

更年期サプリランキングへ